CONTENTS
「マンション 防音」
に関連するツイート
Twitter

マンションの床の防音、騒音対策には厚手のジョイントマット、2cmはこんなに違う nice-myselect.com/jointmat/ #ジョイントマット #コルクマット

RT @kyabadame: いい歳こいてマンションやアパートで周りの部屋の人のこと考えられない生活音満載のバカって一人暮らししたことない実家で甘えてきたドクズなんだろうなと思うことにしてる。 てか防音まぁまぁいい建物で今までそんなの聞こえたことないのにどんだけでかい音出して…

夏から引っ越してきたマンション防音設備整っているらしいけど、上の階の足音うるさい。昼間ならまだわかるが22時過ぎてからの足音が特にもう…。

Twitterアコてぃーぬ@acooo0620

返信 リツイート 16:37

除夜の鐘がうるさいと感じる距離に寺がないから騒音とは思わないのだけど、クレームつけた人は寺からめっちゃ近い家なのか防音がなってない家なのかどっちだ。んなもんより毎夜のように飲み屋から出てきた酔っ払いの奇声がうるさいとこに住んでしまったわ……繁華街近くのマンションも二重窓欲しい

Twitter❄️だるMA(急募:健康)💎@daruma_san_dayo

返信 リツイート 15:57

返信先:@Xr65X7 防音マンションがいい!w

はやくお金貯めて防音性の高いマンションに引っ越して一人暮らししたくて、お部屋探しガチ勢になってる     たぶん引っ越すの来年か再来年くらいだけど! pic.twitter.com/m8Qt9YyYBi

Twitterカイキング@KaiExG

返信 リツイート 13:08

返信先:@pzsUnt1fdxVtqiZ他1人 ライフサポータマンションは3~4LDK タイプを基本、1Lタイプに仕切れる 天井と床はバリアフリーとし、部屋の仕切りは 天井に張り付いて下部はストパ-で固定 可動式家具(洋式和式)を使用、 密閉性はゴムパッキンで防音断熱を確保し、 間取りが自由に設定でき形態 続く

賃貸のマンションの室内にも使える防音パネルの選び方 nice-myselect.com/soundabsorptio… #防音パネル #防音

あああTLに流れてくる他人のピアノ動画を観ると、めっちゃ生ピアノ欲しい…orz (いや実家にあるんだけどさ) いまの賃貸マンション、楽器不可なのよね…(泣) 引っ越してくる時、物件が2件あるうちから1件選べ状態で、選ぶ余地さえなかったんだよね… ああ防音付きピアノ部屋欲しい…

Twitterピアノと闘う十六夜咲夜@musicsakuyai

返信 リツイート 8:08

ドバババババ、ズドドドドド 重低音爆音は完全防音のビルやマンションの壁を通過して室内に入ってきます。

Twitter改造マフラー騒音公害被害者の会@gouonkun

返信 リツイート1 8:00

賃貸マンションで大切な防音への意識

防音への意識 賃貸マンションで生活をする時に必ず気にしておきたいことといえば、音に関することです。
マンションは音が伝わりやすいのが特徴ですから、RC造やSRC造といった造りの物件を選ぶことが大切ですが、こういったしっかりとした造りのマンションであっても音がまったく響かないということはありませんから、きちんと防音対策をすることが大切です。
賃貸マンション生活における、基本的な防音対策として誰もが簡単にできることの一つが、防音ラグを敷くというものです。
何も敷いていないフローリングの床の上で生活するのと、こういった物が敷いてある状態とでは、音の伝わり方は変わってくるものです。
また、椅子を引きずる音というのも気にしておき、足の部分にカバーをつけておくと良いでしょう。
その他、朝早くや夜遅くなど、一般的に非常識な時間に大きな音でテレビを見たり楽器を弾いたりしないといったことも大切というか当たり前のことです。
このように、道具に頼るだけでなく、防音に対する意識もしっかりと持っておくことが大切と言えます。

木造住宅の雰囲気の賃貸マンションの探し方

賃貸マンションを探すときには、落ち着いた雰囲気で暮らせる物件を選ぶのが理想的です。
木のぬくもりを感じることができる木造住宅風の物件であれば、快適な居住環境を実現できます。
室内をリノベーションした賃貸マンションの中には、木造住宅風のコンセプトの物件も数多くあります。
特に木目を生かしたフローリングのある物件は、年齢や性別を問わずに、幅広い人たちから支持されています。
このような賃貸マンションを探すためには、デザイナーズ物件に特化した賃貸情報サイトが便利です。
キッチンや浴室などにもこだわっているような、機能的な設備の充実した物件も選べます。
また壁紙やカーテンのデザインを入居者が選べる物件であれば、静かな居住環境も実現しやすいです。
人気のデザイナーズ物件は満室の場合が多いので、不動産会社の物件リクエストサービスも上手に利用するべきです。
空室情報をいち早く知ることで、イメージ通りの物件に居住することができます。